31歳@マルタ留学への挑戦

31歳、自分探しに仕事を辞めてマルタ留学(英語)へ。英語を学ぶだけでなく、日本食を通じて、現地コミュニティを作ることに挑戦します。

リーダーシップがないから成功する!?小規模イベントを作る時の3つのポイント!

私は、イケイケな人でも、強力なリーダーシップを持っているリーダー格でもありませんが、旅イベントや医療・介護・福祉イベントを4年間開催しています。

 

2ヶ月に一回ほどの頻度で開催しているのですが、ありがたいことに、毎回40人ほどの方が参加されます。

 

時々、イベントの開催理由や参加者の募集方法、についての質問を受けることがあるので、振り返りの意味も込めてまとめてみます。ただし、あくまで趣味の延長線上であるため、収益を求めたイベントではありませんので、あらかじめご了承ください。 


最初に、イベントの開催理由は、大きく2つあります。

==============

①新しいつながりが得られる

②他人の時間をいただける

 ==============

 

①新たなつながりを作れる

仕事のつながりだけでは、どうしても思考や行動が偏ってしまいます。ただ、イベントを主催することで、これまで接することがなかった人たちと出会うことができます。

 

特に旅イベントでは、年齢・性別・国籍・職種問わず来てくれるので、大きな刺激になりますし、困った時に誰かに相談できる関係性が自然と出来上がります。

 

例えば、仕事でポスターを作ることになった。でも、デザインの知識がない…よし、デザイナーの知り合いに話を聞いてみよう。といった具合です。

 

イベントで、ある程度の信頼関係は構築できるので、いろんなことを教えてくれます。また、プロから話を聞くことで、行動するまでのスピードが上がり、とても効率的です。

 

ネットで調べるのも大切ですが、リアルなつながりも大事です。

 
②他人の時間をいただける

 
時間は有限です。人の時間を無駄にする事ほど罪なことはありません。もちろん、無駄なことはしませんが、イベントを主催することで、他人の時間をもらえることは大きなメリットだと思います。

 

例えば、会の最後に、別イベントのお知らせをする。私個人のインフォメーションをする(クラウドファンディングや自身の活動について)。などなど。

 

それを一気に40人の前で話せる、というのは、メリットしかありません。しかも、全員が静かにしている上で話ができるので、すごいリーチ率だと思います。

 

でも、なんだかんだでみんなでワイワイするのが好き。というのが、開催の一番の理由かもしれません…


そして、イベントを成功させるための3つのポイント。

 

===============
①自分が楽しいと思うテーマ

②自分が嫌なことはしない

③開催場所に特徴がある

 =============== 


①自分が楽しいと思うテーマ

やはり主催者自身が楽しめるイベントが一番です。楽しそうなテーマやコンテンツを作ることができれば、参加者を募る時に、ちゃんとお誘いできるし、お手伝いしてくれる人にもメリットを伝えやすいです。

 

そして、テーマを決めることで、同じ価値観の人が集まりやすいので、参加者同士のコミュニケーションがスムーズになります。

 

個人的に思うのが、主催者が楽しまないと、イベント自体長続きしません。小規模のイベントであっても、開催するにはけっこうな時間とお金がかかります。そして、それなりにプレッシャーもあります。

 

なので、楽しまないと単発イベントで終わる可能性が高くなります。そのため、何かやりたいな、と思ったら、自分の趣味や好きなことを絡めたイベントをしてみることをオススメします。

 

イベントは、開催すればするほど、ブラッシュアップされて良くなるものです。細々とでもいいから、続けることが大切だと思います。 


②自分の嫌なことはしない

これは、開催当日のことです。私は、ひとりぼっちが嫌です。

 

他の人が開催しているイベントに初めて行くと、誰と話して良いかも分からないし、なんの話をして良いかも分かりません。

 

その結果、ひとりぼっちになります。これ、めっちゃ嫌。

 

特に主催者がウェイウェイしたイベント。ちーんってなってしまいます。

 

なので、可能な限り、一人で参加した人がひとりぼっちにならないように意識しています。(いや、よくひとりぼっちになるんだけど…と思われた方、すみません。。)

 

目標としては、参加者ひとりひとりが主役になれるイベント。人から拍手されたり、褒められたりするって本当に気持ちがいいもんです。

 

そのため、私はイベント中に参加者がプレゼンできる時間を設けることがよくあります。

 

旅のイベントでは、おすすめの旅行先を1分間でプレゼンする企画を作るのですが、これめっちゃ良いです。参加型のイベントはオススメです。 


③開催場所に特徴がある

ご飯が美味しい、おしゃれ、異国の雰囲気、店員さんがおもしろい、などなど、お店に特徴がある場所を私は選びます。

 

そうすることで、イベント内容に興味があるけど、一歩が踏み出せない、という方に、別の行きたい理由を付加できます。

 

ですので、私は、イベント案内にも会場の特徴を書きます。〇〇の雰囲気を感じながらお酒が飲める!〇〇がおすすめなので一緒に食べましょう!などなど。なにより、私がいろんなお店行きたいです。

 

多くの人が参加したい、と思っていただけるように、いろんなコンテンツを組み合わせるのは、イベントを成功させるために必要な要素です。 


最後に、集客方法です。

私はよくFacebookを利用するので、Facebook上でイベントページを作り、招待をし、あとはひたすらメッセージを送ります。

 

一回のイベントで、数百名ほどに送るのですが、これむちゃくちゃ地道&大変。

 

直接メッセージを送ると嫌がられる、という話もよく聞きます。人によっては嫌な人もいるかもしれません…(実感としてはあまり嫌われてる感じはしませんが…笑)

 

だからこそ、ためらいなくメッセージができるぐらい素敵なイベントを作る必要があります。

 

参加者にとって、面白い!楽しい!メリットがある!と自信が持てたら、あとはもうおりゃーってやるだけです。

 

そして、以前は、こくちーずなどのイベント告知サイトなども利用していました(反響はほとんどありませんでしたが笑)。

 

最初は、少人数でいいんです。大きな箱を借りて、どどーんとやろうとすると、プレッシャーで押しつぶされそうになります。

 

時間はかかってもいいんです。イベント自体のファンを少しずつ増やしていくのが、イケイケじゃない人に適してると思います。その方が息の長いイベントにできると思います。

 

どうでしたか?小規模イベント開催に特別な技術などは必要なく、いかにステキな自己中になれるかがポイントだと思います。

 

イベントを開催することで、本当に多くのことを私は得ることができました。これからは、コミュニティがとても大事になってきます。

 

なにかご質問があればお気軽にご連絡ください!

f:id:junjunpeipei:20181230105122j:plain

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村