31歳@マルタ留学への挑戦

31歳、自分探しに仕事を辞めてマルタ留学(英語)へ。英語を学ぶだけでなく、日本食を通じて、現地コミュニティを作ることに挑戦します。

海外に行くとなにが得られるのか、なにが良いのか

海外に行くと何が得られるのか

「なんで海外に行くんですか?海外に行くと価値観が変わったり、何か得られるものがあるんですか?」

と質問を受ける事があります。

 
刺激が受けられる、非日常が味わえる等、得られることはたくさんありますが、私の中で得られた大きな学びは、

  

“価値観が変わる”

 

皆さんは、いままで「あっ今、価値観めっちゃ変わった。」と感じたことはありますか?なかなか無いですよね?

 

私は世界一周をしたこともなければ、何十か国も旅をしていたり、仕事で海外に長期間滞在したこともありません。それでも、短い滞在でも、かなり大きく価値観が変わりました。

 
海外で感じたこと…

 =================
①日本ってこのままだとヤバイかも

②日本ってめちゃくちゃ恵まれている

 =================


①日本ってこのままだとヤバイかも


21歳の時に高校生の時の友達に会いに行った香港。これが初めての海外渡航でした。

 
お昼ご飯を食べに、マクドナルドに入った時のことです。中国語が話せない私は、英語で“this!”と指を指して注文しました。

 

レジは、見た感じ、高校生のバイトです。

 

わたし:This!

バイト:〇〇△△××??

 

衝撃的でした、、、その高校生から、“流暢な英語”でサイドメニューやドリンクの種類などを質問されたんです。

 

それまで、英語を話すことができるのは、ごくごく限られた一部の人だけだと思ってました。ましてや、アジアは日本と同じ英語力の水準だと思っていました。

 

友人に話を聞くと、香港の学校では、母国語?である中国語のクラス以外は、英語で授業をするとのこと。(友人の話なので、もしかすると違うかもしれませんが笑)

 

もう衝撃でしたね。めちゃくちゃグローバルやないかーい。それまで、日本は、世界の先頭に立ってぶっちぎっていると思っていました。日本でもたくさん英語は勉強します。小学校から、勉強する人は大学生まで勉強します。でも話せない人がほとんどです。

 

「もしかすると、日本って実は遅れてる?グローバルな社会に付いていけてない?」

と感じました。

 

もちろん、私の英語レベルが恐ろしく低かったこと、訪れた場所がたまたま英語を話す環境だったこと、も影響していると思います。

 

ただ、香港・海外に行ってなければ、こんな衝撃を受けることも無かったでしょう。ずっと日本にいると気づくこともなかったと思います。

 

そして、その時に思いました、

「英語話せるって、ちょーカッコイイ!」

 

こうして、いつか留学に行こう、と心に決めました。 


②日本ってめちゃくちゃ恵まれてる

 
インドに行った時に、圧倒的な貧富の差を感じました。貧富の差が明らかです。うまく表現できないのですが、努力だけでは乗り越えられないような、絶対的な大きな壁があるように感じました(いわゆる、カースト制の名残のような…)。

 
でも、日本ってがんばれば、のし上がれる可能性がある。もちろん、家庭環境などによって様々だとは思います。ただ、可能性はゼロではない。

 
面白いアイディアを出せば、出資や協力を受けられる可能性がある。事業に失敗しても、救済してくれるシステムもある。今では、クラウドファンディングというシステムもある。

 

これって本当にスゴイことだと思います。

 

そして、公衆衛生・治安においても、日本は、とても高い水準にある。安心感がある。

 
そんなに恵まれている環境なのに、自分の可能性にチャレンジしないなんてもったいない。やりたいことができるのに、やらないなんてもったいない。そう思いました。

 

インドでは、生と死を身近に感じ、そして、人間の動物的な面を見ることができました。生きることに私はそこまで必死になれるか、と何度も自問しました。

 

 

“人生は一度きり”

 

チャレンジしたいのに怖いと思うのは、今のライフスタイルを崩したくないから。

 

チャレンジして失敗したら、お金が稼げない。そしたら、新しい車に乗れなくなるかもしれない、欲しい服が着られないかもしれない、最新式のスマホが買えないかもしれない、など、物理的な欲求が自然と行動を制限しているケースが多いです(パートナーや家庭によるブレーキもあると思います)。

 
実は、物理的な欲求を捨てられるとすごく楽になります。知らず知らずに、私たちはこうでなければいけない、という価値観が刷り込まれています。

 

お金がなくても、生活水準を下げられれば生きてはいけます。いい格好ができることが一番じゃなくていいと思います(モテるためにはそれが必要なのが悩みどころですが…)。

 

ただ、それに耐えられるだけのやりたい熱意や情熱は必要です。その熱意がなければ、無理はしない方がいいです。

 

チャレンジして幸せな人もいれば、不幸せになる人もいます。幸せの形は人それぞれです。全ては、皆さん自身が決めることです。

 

最近?、行動しないことが、さも悪い事のような雰囲気があると感じます。

 

でも、考えないといけないのは、行動して幸せな人だけが、行動しろと言っている可能性がある。もしくは、成功者の本を読んで、行動した気になってる、タチの悪い人が発言しているとか。

 

やらないと決めるのも大きな決断です。その後に、大きな幸せが待っているかもしれません。

 

当たり前のことですが、未来は誰にも分かりません。なので、今を一生懸命生きるしかありません。今が未来を作ります。と誰かが言ってました。

 

最後に

めちゃくちゃ長くなりましたが、結論を言うと、悩んでいる人は一度インド渡航をオススメします。ということです笑

 

今回の写真はこれ!ガンガーです!

f:id:junjunpeipei:20181124090406j:plain

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村