31歳@マルタ留学への挑戦

31歳、自分探しに仕事を辞めてマルタ留学(英語)へ。英語を学ぶだけでなく、日本食を通じて、現地コミュニティを作ることに挑戦します。

【フィリピン留学との比較あり!】マルタ留学のメリット・デメリットが分かってきたので伝えます①

マルタ留学をスタートして、3週間が経ちました。1日1日が早すぎて、あっという間の3週間でした(2019年1月26日現在)。

 

留学期間は、24週ありますが、3週間を終えてみての“まとめ”として記事を書きます。もしかすると、第二弾、第三弾のまとめ記事を書くかもしれません。

 

社会人の私がマルタ留学を選んだ理由はこちらからご覧ください。

 

www.malta-jun.info

 

マルタ留学のメリット

短い期間ではありますが、マルタ留学は以下のメリットがあると感じました。

  1. 多国籍な生徒
  2. 治安が良い
  3. 交通費が安い
  4. 観光地がたくさんある
  5. イギリスやアメリカに比べ留学費用が安い

 

1.多国籍な生徒

6年ほど前、私はフィリピン留学に行っていました。生徒の国籍は、韓国・台湾・中国・日本。それ以外の国の人は、私が通っていた学校にはいませんでした。

 

ただ、マルタ留学では、日本人・韓国人に加え、イタリア・ブラジル・コロンビア・トルコ・ロシア・ウクライナノルウェーなどなど、たくさんの国の人が英語を勉強しにきています。

 

私のいるクラスは、日本人4名、韓国人2名、イタリア人1名、ブラジル人2名、コロンビア人1名、ロシア人1名、ウクライナ人1名です。

 

マルタ留学にきて思ったのは、同じ英語でも国によって“独特のクセ”がある。フィリピン留学で慣れていたためか、日本人と韓国人の英語は聞き取りやすい。ただ、イタリアやロシアの英語は、何を言っているのか全然分かりませんでした(今は分かるようになってきました)。

 

この“独特のクセ”に慣れるのも、英語を習得する上でとても大事だと思います。

 

実際、リスニングのテストを受けても、日によって理解度が全く変わります。難易度はほとんど変わらないと思うので、“独特のクセ”による影響が大きいと思います(スペイン系の訛りやイタリア系の訛り等)。これは、フィリピン留学では体験できないものです。

 

加えて、たくさんの国の文化や風習に触れることができますし、ホームパーティーを開けば、いろんな国の料理も食べることができます。新しい価値観に触れられる貴重な機会です。

f:id:junjunpeipei:20190121052641j:plain

 

«インターナショナルパーティーを開催した際の記事はコチラ»

www.malta-jun.info

 

加えて、宿泊先はシェアアパートです。1つのフラットに5名以上滞在が基本です。トイレ・風呂・キッチンは共同で、ルームタイプによりますが、基本的にベッドルームは2名以上でシェアすることになります。

 

多国籍な人たちと過ごすシェアアパートはとても面白いです。キッチンもシェアしているので、「今日はどんなご飯作ってるのー?」とか「なんていう料理?」とか、いろんなコミュニケーションを取ることができます。

 

ただ、これは人によってはデメリットにもなります。1人で居られる時間がほぼないからです。また、シェアメイトと性格が合わない可能性も十分ありますので、そのあたりは“運”と“忍耐力”ですね!笑

 

ちなみに、私はちょー快適です!

 

フィリピン留学は、 学生寮のイメージです。私が通っていた学校は、廊下を挟んで、左右に部屋があり、1部屋に2~3名で滞在していました。食事は食堂で取るため部屋にキッチンはなく、トイレとシャワーが各部屋に備え付けられているルームタイプでした。

 

もちろん、フィリピンもマルタも、希望すると1人部屋に入ることができます。ただ、宿泊費が高くなります。

 

2.治安の良さ

フィリピンに比べると格段に良いと思います。歓楽街は別として、私の住んでいるスリーマという地区は、本当に安全。

 

まず、パトカーが走っているのをほとんど見たことがない(スリーマは広いのでもしかすると特定の地域にはパトカーいるかもしれません笑)。そして、夜出歩いても、大丈夫。銃を持った人もいない。野犬もいない。うるさくない。道を横断しようとするとドライバーが止まってくれる。でも、犬のうんこはたくさん落ちてる。

 

フィリピン留学に行ったことがある人は分かると思いますが、スーパーマーケットに入る際にセキュリティチェックがあり、マシンガンやショットガンを持った警備員がマーケット内を巡回しています。

 

私はセブ島に留学していたのですが、約5ヵ月の間に、現地の人などが射殺される事件が数件ありました。それも徒歩5分ぐらいの場所で…

 

また、マルタではスリやひったくりの被害も聞かないため、本当に安全な国なんだと思います。安心できます。もちろん、事件や事故にあわないための最低限の備えは絶対必要です。

 

補足になりますが、フィリピンの治安の悪さが際立ってしまいましたが、私を含め、周りの友人はトラブルに巻き込まれることはありませんでした。

f:id:junjunpeipei:20190126092218j:plain

 

3.交通費が安い

まず、マルタ島内を走っている路線バス。なんと、1.5ユーロ(日本円で約200円)で2時間乗り放題。つまり、どこまで乗っても1.5ユーロ。そして、2時間以内であれば、何回でも乗り換え可能です。主な観光地はバスでほとんど行けます。

 

ただ、注意点が1つ。お金を払った後にもらう、このレシート↓

f:id:junjunpeipei:20190126155416j:plain

これをを無くさないようにしてください。乗り換え時に提示する必要があります。

 

そして、安いのはバスだけじゃないんです!なんと、マルタからヨーロッパ各国へLCCがバシバシ飛んでます!ライアンエアーという航空会社がとにかく安い。

 

2月初旬にバルセロナに行くのですが、そのお値段、なんと3,332円!

 

言っときますけど、「往復」ですからね笑

 

マルタ留学中は、ほとんどの学生がヨーロッパ旅行に出かけます。だって、このお値段ですから。日本の飲み代より安いです。

 

ライアンエアーのホームページはこちら

Official Ryanair website | Book direct for the lowest fares | Ryanair.com

 

4.観光地がたくさんある

マルタは小さい島ながら、世界遺産が3つもあります。

バレッタ市街

②巨石神殿群

③ハル・サフリエニの地下墳墓

 

バレッタ観光の動画はコチラ。

www.youtube.com

 

また、マルタには美しい海があることでも有名です。特に、船が浮いて見えるほどの透明度を誇る「コミノ島(Comino Island)」はぜひとも訪れて欲しい場所です。

 

www.youtube.com

 

他にもまだ未開拓の観光地がいくつかあるので、 これからゆっくり回りたいと思います。

 

5.イギリスやアメリカに比べ留学費用が安い

そして、多くの人が気にするであろう留学費用。イギリスやアメリカに比べ、格段に安いと思います。

 

私は、半年間の留学で、シェアアパート代を含め66万円ほどでした。シェアアパート代には光熱費や食費は含まれておりません。

 

留学時期は、2019年1月上旬~2019年6月下旬。オンシーズンは高くなるそうです。朝9時から授業が始まり、90分の授業が2コマあります(午後のクラスもあり)。基本はグループレッスンで、1クラス7名~12名ほどです。

 

ただ、フィリピン留学の方がトータルで見るとかなり安いと思います。具体的には、フィリピンは基本的にマンツーマン授業で、食事つきです。また、物価自体もかなり安いため、留学費用が限られている人はフィリピン留学がおすすめです。詳しくは、デメリット編で書きたいと思います。

f:id:junjunpeipei:20190126162014j:plain

 

長くなったので、デメリット編は改めて書きたいと思います。別記事にデメリット編はアップしております!こちらもあわせてご覧ください。

www.malta-jun.info

 

以上、今回もお読みいただきありがとうございました。

f:id:junjunpeipei:20190126162453p:plain

にほんブログ村 英語ブログ 語学留学へ
にほんブログ村